「本ページはプロモーションが含まれています。」

サマソニスタンド席の席取りは?入場でどれくらい並ぶか前列の取り方を紹介!

サマソニスタンド席の席取りは?入場でどれくらい並ぶか前列の取り方を紹介! おでかけ
広告
Pocket

2024年8月17日、18日の2日間行われるSUMMER SONIC通称サマソニ。

この2日間は東京と大阪で同日開催される大型フェスです!

そんなサマソニは例年人が多く、今年はコロナも明けてきつつあるため入場にどれくらい並ぶのか気になりますね。

またサマソニのスタンド席の席取りや前列の取り方もご紹介していきます。

好きなアーティストは、出来るだけ近くで見たいですよね。

それでは、サマソニ、スタンド席の席取りと入場でどれくらい並ぶか前列の取り方を紹介していきます!

 

広告

サマソニスタンド席の席取りは?

基本的には席取りは禁止です。

自分の目当てのアーティストを最前列で見たいならばそのアーティストの出番のいくつか前からスタンバイしておきます。

スタンドは着席しておかないと注意され、荷物での場所取りも注意されます。

スタンド席での立ち見は、他の人の視界を遮ることに繋がり、通路での立ち見も通行のさまたげとなるため禁止されていることが多いです。

後ろで立って見ることができるかどうかは、わかりませんので会場のルールを確認してください。

 

サマソニの席取りについて

繰り返しになりますが、サマソニでは席取りは禁止されています。

しかし、サマソニ2024では東京と大阪の会場それぞれにテントや休む場所があります!

人が多く混雑する時間帯ではなかなか席が空いていないなんてことも。

テントの中には椅子が用意されているので、体調に合わせながらテントを活用するのも良いかもしれません。

また、屋外での席取りの場合はレジャーシートを持っていき休む方法もあります。

この場合は、貴重品などは肌身離さずに持っていくことをオススメします。

サマソニの公式は迷惑となるような席取りは禁止されているので、テントや休憩スペースで休むことが一番ですね。

アーティストの公演時間やお昼の時間帯などは他の時間帯と比べて、比較的場所が空いています。

みんなが動く時間帯に席を探してみるのも良いかもしれませんね。

 

広告

サマソニ入場どれくらい並ぶ?

公式では会場周辺での徹夜などは禁止されているので辞めましょう。

開場は9時からとなっていますが、待っている人が多い場合は少し早く開場となる場合もあります。

中には朝3時くらいから並んでも、すでに100人以上は居た、という意見も聞くことができました。

開場したら、リストバンドを早く交換し、目的のステージまで全力で走る人も結構います。

入場をスムーズにしたい方は時間をずらしアーティストの公演中などに入場した方がいいかもしれませんね。

待機時間は前に詰め続けるだけでその場からはなれることができないとの声も。

前もってトイレはしっかり済ませておきましょう。

また、水分補給は必ずしないと倒れる人もいました。

また、ホテルなどから会場に向かう方でタクシーを考えられている方は早めに予約しないとタクシーが捕まりません。

こちらは帰りも同様ですので余裕を持って予約しましょう。

 

サマソニ東京会場

サマソニ東京会場は2023年には2日間で12万5000人もの人を動員しました。

今年はちょうどお盆と重なっており帰省ラッシュに巻き込まれるとかなりの渋滞となってしまいます。

2023年の東京会場では近くの幕張メッセ駐車場に6時ごろから車を停めれたという人もいました。

開場は9時からですが、リストバンド自体は8時ごろから配布されていたそうなので、早めにリストバンドが欲しい方は8時ごろを目安に行ってみてもいいかもしれませんね。

プラチナは即入場できます。一般は炎天下の中長蛇の列です。アーティストグッズは幕張メッセに入ってからじゃないと購入できないので欲しい方はリストバンド取ったら幕張メッセ会場に入る列に並びましょう。

 

広告

サマソニ大阪会場

サマソニ大阪会場は2023年の2日間で9万人もの人を動員しました。

大阪会場では7時ごろから行く人が多くみられていましたが、9時開場を目安に行くと30分から1時間ほどは並ぶと思います。

また、開場ピッタリに行ったとしても席取りやグッズ販売のところはかなりの人がいると予想します。

サマソニ大阪会場は万博記念公園駅がすぐ近くにあるので、始発で行くと確実かもしれませんね。

大阪会場も東京会場と同様に、リストバンドの交換は8時ごろからしているとの声が多くあったので、今年も開場よりも早くリストバンドは交換できると思います!

 

物販・入場待機の人で開場数時間前から長蛇の列です。。

 

入場方法

1人につき1枚のチケットがあり、チケットとリストバンドを受付で交換してもらいます。

リストバンドに交換され、これがチケットとなります。

お目当てのアーティストの出演を確認して、それに合わせてこられる方もいます。

無理に朝からなくても、無理のない程度でお過ごしくださいね。

 

広告

サマソニ前列の取り方は?

好きなアーティストを見るには出来るだけ最前列で見たいですよね。

人が多く集まるサマソニでは前列で見れるのか気になります。

入場後、前列で見れる方法はいくつかあります。

 

早めに到着しておく

まず、開場と共に入場出来るように早めに会場へ行き順番待ちをしておくことです。

入場待ちをしている人は前列を狙っていたり、グッズ目的であったり、良い場所取りをするための人など様々です。

なので全員が前列を狙っている訳ではないので、出来る限り早めに会場に行くことをオススメします。

 

広告

好きなアーティストの出番を確認しておく

この方法では、お目当てのアーティストの最低でも1つ前から、心配なのであれば2つ前からエリアにいることがポイントになります。

好きなアーティストが終われば別のアーティストのステージへと行く人がほとんどです。

その機会を伺い、出来るだけ前列へと進んでいきます。

この方法で前列で見れたという人もいます。

しかし、前列中央は陣取っている人がかなりいるので、端の方から狙うのがオススメですね。

 

出入りはできる?

出入りは基本的にできますが、必ずリストバンドを見せなければなりません。

もし、なくしてしまったり、壊れてしまっても、再度もらう事はできません。

なくさないように注意しましょう。

 

広告

サマソニスタンド席の席取りは?入場でどれくらい並ぶか前列の取り方を紹介!まとめ

サマソニのスタンド席の席取りについてと入場でどれくらい並ぶか前列の取り方をご紹介してきました。

サマソニは例年多くの人で賑わっています。

そのため、入場にはかなり並ぶことが予想できますね。

また野外フェスでは欠かせない前列や席取りについても詳しくみていきました。

ルールを守りながら楽しいフェスを過ごしてくださいね。

以上、サマソニのスタンド席の席取りについてと、入場でどれくらい並ぶか前列の取り方を調査しました。

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました