「本ページはプロモーションが含まれています。」

ルックバック過大評価なぜ?つまらない・やばいの理由を調査!

ルックバック過大評価なぜ?つまらない・やばいの理由を調査! エンタメ
広告
Pocket

「ルックバック」は「チェンソーマン」などで知られる藤本タツキさんによる読み切り作品です。

2024年6月28日に劇場版アニメが公開されることで、ルックバックは注目を集めています。

しかしながら、ルックバックは意味がわからない、つまらないと感想を言う人も少なくありません。

また、原作漫画を読んだ人たちの中には「過大評価」とも「やばい」とも言われています。

そこで本記事では、ルックバックが過大評価といわれる要因と、つまらない、意味がわからない、やばいと言われてしまう理由を掘り下げて分析します。

 

広告

ルックバック過大評価なぜ?

読者からは「過大評価」と言われてしまうこともあるルックバックですが、そんなルックバックに対する感想をいくつか紹介していきます。

 

ルックバックの評判を紹介

ルックバックの評判を見てみると、Amazonでの評価は5,663件でおよそ4.8と非常に高評価となっています。

一方で”つまらない””ルックバックはやばい”といった厳しい意見もあり、評価は二極化している様子がうかがえます。

ルックバックは傑作だと絶賛する声

「漫画家志望の少女2人の物語に涙した。きっとこの作品を読んだ誰もが心を打たれるはず」

「深く考えさせられる作品。漫画家を夢見る人には特にオススメしたい」

ルックバックを酷評する声

「売れっ子漫画家の思うつぼで、過大評価されすぎだろ」

「話の展開が遅く、つまらなかった。読んだ理由がわからない」

このように高く評価する人も多い一方で、話の内容や演出を理解できず、つまらなかったという意見も一定数見受けられます。

 

ルックバックのあらすじ

クラスの新聞で漫画を描き、周りから賞賛されていた小学4年生の少女・藤野。

しかし、隣のクラスの不登校生徒・京本が描いた絵を見て、自分の絵が”フツー”だと気づかされます。

卒業日に初めて言葉を交わした2人は、漫画家を志すきっかけを得ます。

しかし数年後、京本がある悲劇に見舞われてしまいます。

藤野は京本を外に連れてきたことを悔やみますが、物語の後半では”あったかもしれない世界”が描かれていくのです。

2人の少女の運命が大きく動き出す卒業日を境に、切ない過去と”もしも”の物語が交差する、感動的な作品になっているようです。

 

広告

ルックバック意味がわからない?

以下では、ルックバックの内容と意味がわからないと言われる理由を解説していきます。

 

広告

ルックバック意味が分からないと言われるのはなぜか?

「ルックバック」は、物語の中盤で起こる分岐点が非常に分かりづらいと言われています。

不審者の侵入により京本が命を落とした後、藤野は4コマを破るのですが、その1コマ目が京本の部屋の隙間に滑り込みます。

そして次の瞬間、小学6年生の京本が現れるのです。

この出来事から、物語は現実世界ともしもの別の時間の世界を行き来するようになります。

もしもの世界では、藤野が空手家になり、京本を襲った犯人を倒して彼女を助けます。

しかし、この別の時間軸はあるところで終わり、京本がいなくなった藤野の現実世界に戻ります。

この「もしもの世界がよく分からない」という声が相次いだのには、いくつかの理由があります。

  1. 時間軸の複雑さ
    過去、現在、存在しないもしもの現在が入り混じり、話の展開が分かりづらくなっています。
  2. もしの世界の概念
    “もしも○○だったら”というIFの世界の概念自体が分かりにくい可能性があります。
  3. 世界の境界線
    もしの世界と現実の世界を行き来する境界線が、京本の部屋のドアの隙間というのも奇妙です。
  4. 京都アニメーション放火事件の影響
    作者は2019年の事件への追悼の意を込めている可能性があり、その背景を知らないと意味が掴みづらくなります。

つまり、時間軸の複雑さ、もしの世界の概念、境界線の設定、そして事件への追悼の意図などが複合的に重なり、理解が難しくなっているのが「ルックバック」の分かりづらさの要因だと考えられます。

作品全体を丁寧に読み解くことで、より深い意味を発見できるかもしれません。

 

広告

ルックバックつまらない・やばいの理由

ルックバックは、やばいとかつまらないとか言われているのはなぜでしょうか?

掲載時に一部の描写が物議を醸し、炎上してしまったという事がありました。

以下で詳しく解説していきます。

 

ルックバックやばいと言われる理由

ルックバックは過去に炎上したことがあるのです。

その理由は、作中に登場する精神疾患を連想させる加害者のセリフが、京アニ事件を想起させ、精神疾患への偏見を助長するのではないかというものでした

具体的には「絵画から自分を罵倒する声が聞こえた」「俺の(絵)をパクった」といったセリフを指しているものと思われます。

 

ルックバックがつまらないといわれる理由

一方で、作品の長さやテンポ、出来事の起伏に物足りなさを感じたファンからは「つまらない」と酷評されています。

「長編読み切りとしては異常に長すぎて、読むのがつらかった」 「ワクワク感がなく、展開が遅くてつまらなかった」

藤本タツキ氏の人気もあり、過度に高い期待を抱かれた面もあり、物足りなさを感じたファンからつまらないと言われてしまったようです。

 

広告

ルックバック過大評価なぜ?つまらない・やばいの理由を調査!まとめ

「ルックバック」は高い評価を受ける一方で、意味がわからないとか、過大評価される面もあり、その評価は二極化しています。

高評価の理由は、漫画家を目指す少女2人の物語に感動した読者が多かったことですが、展開のテンポの遅さなどから”つまらない”と厳しい意見もありました。

さらに「ルックバック」は、京都アニメーションの件を想起させるとして色々騒がれ、作品の意味がわからないと批判も集まりました。

作者の意図は理解できても、表現の在り方については”やばい”との意見もあり、議論の余地がありそうです。

このように高評価と否定的な意見が入り混じり、「ルックバック」は過大評価とみなされがちです

しかし、つまらない・やばい、意味がわからない、などの酷評にもかかわらず、人気作家の知名度から映画化への期待もあり、映画を通じて新たな評価が生まれることが期待されています。

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました