「本ページはプロモーションが含まれています。」

怪獣8号の黒幕は?何巻で完結するのか最終回も考察!

怪獣8号の黒幕は?何巻で完結するのか最終回も考察! エンタメ
広告
Pocket

「怪獣8号」は、少年ジャンプ+で連載されている漫画で、現在最も読者からの熱い注目を受けている作品の一つと言えるでしょう!

「怪獣8号」はストーリーの進行状況や結末がどうなるのか、気になっているファンの方も多いのではないでしょうか?

そんな中で、怪獣8号が打ち切りとのうわさがありました。

実際に何巻で完結するのか最終回について黒幕も気になります。

この記事で分かること。

  • 「怪獣8号」黒幕は?
  • 「怪獣8号」何巻で完結する?
  • 最終回結末も考察

以上についてまとめました。

 

広告

怪獣8号の黒幕は?

物語の終盤で、これまでの戦いの背後にいる真の黒幕が明らかになることも予想されています。

確かに「怪獣8号」の緻密なストーリー構成からすると、これまで戦ってきた怪獣が理由もなく出現したとは考えにくいですよね。

何かしらの目的を持った黒幕が裏で糸を引いていると考えるのが普通とも思います。

読者の間では黒幕の正体について、世界征服をたくらむ国家や組織、あるいはカフカの中に入り込んだ謎の生物など、様々な説が飛び交っているようです!

以下はSNSなどでの考察を元にまとめてみました。

  • 怪獣を生み出し操る者
  • 怪獣9号が黒幕のような存在
  • ラスボスは9号ではなく大きな組織
  • 宇宙人

しかし、これらはあくまで予想であり、正確な答えはストーリーが進むことですることで分かってくるでしょう。

 

広告

怪獣8号は何巻で完結する?

怪獣8号完結したの?

結論から申し上げると、「怪獣8号」は2024年4月現在も連載中でまだ完結していません!

今もまだ先の読めない展開で多くのファンを魅了しているようですね。

打ち切りなどがないので今の所終わりませんが、全部で何巻になるかは分かっていません。

アニメ放送中ですし、人気次第では長く継続してくれるかと思います。

それほど人気がなくなれば終了という事も考えられますが、まだ終わる展開ではないです。

推測としては20巻くらいまでと予想します。

 

怪獣8号は何巻まで出てる?

続いて「怪獣8号」の単行本についてお話していきます!

「怪獣8号」の単行本は現在、11巻まで発売されているようですね。

最新刊である11巻の発売日は2023年12月4日で単価は572円。

単行本は4か月に1冊のペースで発売されているようです!

 

怪獣8号の新刊の発売いつ?

続いて、今後発売される「怪獣8号」の単行本の発売日についてお話していきます!

先ほども述べました通り、「怪獣8号」の単行本はこれまで、4か月に1冊のペースで発売されています。

そして、現時点での最新刊である11巻の発売日が2023年12月4日で、12巻の発売日は2024年4月4日であることが発表されています

しっかり4か月に1冊のルール通りということが分かりますね(笑)

 

以下では、怪獣8号が完結の噂や打ち切りの噂が出た理由を見ていきます。

 

広告

怪獣8号打ち切り?

『怪獣8号』が打ち切りと言われる最大の理由は、休載が多いこと、作者の過去作品が早い段階で終了しているので今回は継続できるのかという心配もあるようです。

一部の意見をまとめてみました。

  • 主人公の存在感が初めの当たりをピークにどんどん無くなる。
  • 思ってたのと違う
  • 周りのキャラが目立つ
  • 過去話が多い
  • バトルが進まない
  • ストーリー展開が下手
  • 怪獣9号が何をしたいのかわからない

物語の初めの当たりは主人公が際立ち、周りのキャラクターの魅力もあって面白かったが、ストーリーが進むにつれて同じことが繰り返されているように感じて、話が進まない、つまらないの意見が多かったです。

このように読者が感じたこともあり、打ち切りの噂があったのでしょう。

とはいうものの、『怪獣8号』はアニメ化放送中ですし、単行本の売り上げも良いので打ち切りの可能性は低くなったように思えます。

 

広告

怪獣8号の最終回を考察

「怪獣8号」の最終回については、様々な憶測が飛び交っているようです。

そこで、ここではその中から4種類の結末について紹介・考察していきます。

 

怪獣が消滅する

物語のクライマックスで怪獣が消滅するのは、多くのファンの方が予想している結末の1つかもしれません。

現在のストーリーでは、怪獣を生み出す能力を持つ「怪獣9号」との戦いがメインになっています。

この「怪獣9号」を撃破することで、新たに怪獣が出てくることがなくなって、世界が平和になってハッピーエンドとなるのではないでしょうか?

 

カフカの怪獣化がなくなる

2つ目は、主人公であるカフカが持つ、怪獣化の能力がなくなるのではないか、という予想です。

そもそもカフカが怪獣に変身する能力を得たのは、謎の生物がカフカの体に入ったことが原因でした。

この謎の生物の目的も「怪獣8号」のストーリーに残された謎の1つですが、謎の生物が怪獣を滅ぼすためにカフカの体に入ってしまったのかとも考えます。

そのため、怪獣が滅亡することに成功した「怪獣8号」のラストでは、謎の生物も目的を果たしてカフカの体から抜け、カフカは怪獣化の能力を失うのではと予想できます。

 

広告

カフカがしぬ

主人公・カフカが物語の最後に命を落とすという展開も考えられます。

というのも、カフカは怪獣に変身する能力を持っていますが、その能力を使うたびに彼の体が怪獣に浸食されているのです。

このまま戦いのたびに能力を使い続けたなら、カフカは最後には完全に怪獣に変身してしまう可能性もあるのではないでしょうか。

そして、これまで味方として共闘してきた防衛隊と戦うことに・・・

もしかしたら、カフカが本作のラスボスなんてことになってしまうかもしれません・・・!

もしこの考察が正しければ、「怪獣8号」の最後は少し切ない結末になりそうですね。

 

広告

怪獣8号の黒幕は?何巻で完結するのか最終回も考察!まとめ

『怪獣8号』の黒幕について何巻で完結するのか最終回も考察してきました。

現在のところ、「怪獣8号」はまだ完結しておらず、単行本も13巻の発売を控えています。

また、最終回の結末については、怪獣の消滅、カフカの怪獣化能力の消失・カフカ自身の怪獣化、黒幕の存在など読者の間で様々な考察が飛び交っています。

いずれにしても「怪獣8号」の今後の展開から目が離せませんね!

以上、『怪獣8号』の黒幕は誰なのか、何巻で完結するのか最終回も考察しました。

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました